"カオスシルヴァーデッキ"

初めまして。すいーつです。
記事書くのも初めてですが、少なくともメソロギアプレーヤーには届くと嬉しい

今回私がAAAに到達した(ネタ)デッキ、カオスシルヴァー様について自慢していきたい

【デッキ解説】
190918C8-69E4-4FFF-9502-7754091D14E7.png
「カオスシルヴァー様」
390948A0-2612-41C4-B6BB-1789B771611A.png
文字通りコストやパワーの増減を反転する。
本デッキの軸とするカードであり、これが見えるだけで投了するようなデッキも存在する。

・カオスシルヴァーの仕様

1、「鍛治職人・アラン」、「拳闘士ギルバート」といったパワーバフを全て反転し弱体化させる。

2、「とりさん」、「黒蛇術師」といったパワーを「奪う」効果も反転し弱体化させる。

以下は初見殺しや相手プレイヤーのミスを誘える仕様となっており、本デッキの強みであるといえる。

3、「赤十字迎撃兵」、「カウンターウィング」といったパワーを「0にする」効果は反転し、「倍増」する。

4、「天旋の不死鳥」、「緑竜」といったコストを「0にする」効果は反転し、「倍増」する。(しかし、天旋の不死鳥の召喚効果で拘束されたら0になる)

5、「カオスシルヴァー」が自分の手札に2枚ある場合、効果は反転せず元の処理になる。

以上がカオスシルヴァーの強みである。

3.4.5個目の処理方法については知らないプレイヤーも多く、警戒もなく不死鳥を出してくれたり、2枚目のカオスシルヴァーを慌ててハンデスしたりしてくれた試合も多々見られた。

以下は本デッキのシナジーの紹介をする。

「くまさん」

25SPを増やした後にコスト増加処理が行われるので、カオスシルヴァーが手札にあれば35コスト分踏み倒す事ができる。
「赤十字騎士団長」

手札のチャージャー1枚につきパワーが3減少する。
カオスシルヴァーが居れば増える。最強。

後のカードは、くまさんでコストを踏み倒すことを視野に入れて高コストかつ高攻撃力、強力なカードを入れていった次第である。

8スタンデッキを意識して攻撃力9かつ、デビルアイとのコンボが期待できる鎮圧のブラントがかなり機能してくれた。
火傷、手札破壊、凍結に耐性があるので、たまに相手がミスをしてくれる。
強すぎてもうデッキから抜けない。ブラントデッキに改名しようか迷っているところだ。

以上がAAAに到達した「鎮圧のブラント」デッキである。レジェンド11枚入っているブルジョワデッキだが、持ち合わせがあるプレイヤーは是非試して感想を言ってくれると嬉しい。

初記事で読みづらいところもあると思いますが、最後まで読んでくれてありがとうございます。

それではまた

この記事へのコメント